<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

八戸前沖サバだしラーメンの試食会

0
    八戸市内の食品会社において、八戸前沖サバだしラーメン(製品版)の試食会が開催されました。試食会には、製品を考案した八戸大学ビジネス学部の学生たち、八戸前沖さばブランド推進協議会の関係者が参加しました。
    試食会1
    プロの食品関係者の手により、製品の完成度が高まってきました。製品販売に向け、さらに試食会を重ねていく予定です。
    試食会2
    新作の八戸前沖さば焼きそばも試食しました。
    試食会3
    今秋には、製品版として登場しそうです。製品として発売された際には、ぜひご賞味ください。



    ishihara-lab * 話題 * 20:25 * comments(4) * trackbacks(0) * - -

    学校給食に八戸のさばが初登場

    0
      11日(木)の東奥日報(朝刊)に、八戸のさばが学校給食のメニュー(さばの味噌煮)に採用されたという記事が掲載されていました。

      記事を見て知ったのですが、八戸は、国産さばの一大産地でありながら、地元産のさばが学校給食に使われるのは初めてということです。(今まで、どこの産地のものを使用していたのでしょう?)

      実は、昨年の11月、学校給食の先生方の研修会に招待され、「八戸前沖さばのブランド形成事業」についてお話しさせていただいたことがありました。そして、話の最後に「できれば給食に八戸産のさばを使ったメニューを提供していただきたい」とお願いしたことがありました。

      今回の給食初登場と小生がお願いしたこととに関連性があるか否かは不明ですが、どちらにしても喜ばしいことだと思います。

      一昨年、大分県のある魚市場を訪問したとき、地元の漁業者さんたちが「丸干し(いわし)」を食育事業の一環で学校給食に提供しているという話を聞いたことがあります。当地でも、腹骨や中骨がたくさんついた「前沖さば」を積極的に提供し、食育活動に貢献できるようになると良いと感じました。

      東奥日報の記事へリンク
      ishihara-lab * 話題 * 16:43 * comments(1) * trackbacks(0) * - -

      ブランド推進協議会の定時総会が開催されました

      0
        6月5日(金)に八戸前沖さばブランド推進協議会の定時総会が八戸パークホテルで開催されました。当日は、多くの協議会会員、八戸前沖さばブランド取扱認定店の皆様にご出席いただきました。
        定時総会1
        2009年度は、恒例となりました「八戸前沖さば創作料理コンテスト」のほかに、八戸前沖さばキュイジーヌなど、多彩なイベントが開催される予定です。最前列に着席されているスーツの方は、東京都北千住駅前で前沖さばの「串焼き」や「づけ」を提供している「ごっつり」というお店の経営者の方です。
        定時総会2
        総会の後には、懇親会が開催されました。もちろん、お料理のメイン食材は「八戸前沖さば」です。
        定時総会4
        定時総会3
        ishihara-lab * 話題 * 22:11 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        サバップルの新パッケージ

        0
          あの「サバップル」のパッケージがマイナーチェンジしました。箱の両サイドには「蕪島」の風景や八戸小唄が掲載されています。
          サバップルのパッケージ
          ソースやマヨネーズをかけても美味しいようです。
          サバップルのパッケージ
          5月24日(日)まで、ピアドゥ(イトーヨーカ堂八戸沼館店)内で開催されているイベントでも販売されているようです。

          ishihara-lab * 話題 * 01:29 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

          新「サバの駅」まもなくオープン

          0
            八戸前沖さばが堪能できる「サバの駅」が5月22日(金)17:00にリニューアルオープンします。オープンに先がけて店舗のお披露目会が開催されました。
            サバの駅入口
            新「サバの駅」の入口です。場所は八戸市六日町12、大松ビルの1階です。みろく横丁の裏側(六日町側)の出口から左に曲がってすぐです。
            サバの駅店内
            店内の様子です。かなり広くなりました。カウンター席では八戸前沖さばの漁獲風景(映像)も見ることができます。ボックス席や座敷席がありますので宴会もできると思います。
            サバの駅串料理
            「サバの駅」の斬り込み隊長、おなじみ「サバの串焼き」です。「サバつくね」も新メニューとして登場しました。
            サバの駅オリジナル
            「サバの駅」オリジナルの純米酒も登場しました。右は、菊駒酒造製(五戸町)の「さばがみ」。左は、八戸酒造製(八戸市)の「酔鯖(すいしょう)」です。「さばがみ」はさっぱり系で辛口、「酔鯖」はこってり系で甘口といった感じでしょうか。鯖料理に合わせてお選びください。鯖料理専用で、鯖の名前が付いた地酒があるのは、日本広しと言えども、八戸だけでしょう。
            水タコの石焼き
            カウンター席では、八戸前沖で漁獲された「水タコの石焼き」のデモンストレーションも行われます。駅長が気合いを入れて調理します。
            サバの駅駅長
            八戸前沖さばブランド推進協議会会長(左)もお祝いに駆けつけました。みろく横丁時代の前店舗と比較すると、かなり広くなりましたが、混雑することも予想されます。ご来店される際は、電話でお問い合わせください。(0178-24-3839:サバの駅)
            ishihara-lab * 話題 * 22:39 * comments(3) * trackbacks(0) * - -

            サバの駅のリニューアルオープンについて

            0
              5月22日(金)17:00、「サバの駅」がリニューアルオープンします。場所は、六日町の大松ビルの1階です(パチンココンサートホールの向かい)。
              みろく横丁時代の定番メニューに加え、新しい料理も登場するようです。詳しい情報が入りましたら、このブログでお知らせします。
              ishihara-lab * 話題 * 22:36 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

              前沖さばのせんべい汁

              0
                ニュースでも報道されていましたが、八戸では季節外れの雪が降りました。桜が満開の中での降雪。何だか調子が出ません。

                3月下旬にノーマルタイヤに履き替えてしまい、遠出もできないので、八食センターへ。久しぶりに行ってみると、何店舗か閉店したようで、空きスペースが休憩所になっていました。

                八食センターの中で恒例のサバ製品チェック。新製品のせんべい汁のパッケージに「八戸前沖さば使用」という表記を発見しました。

                せんべい汁

                そのほかにも、八戸産とろサバ寿司などを発見。しかし、前沖さばマークは貼付されていませんでした。最近、知人から「もう少し地元の足場固めをした方が良い」という助言を受けることがあります。今シーズンが到来する前に、ブランド事業への参加を働きかけていく必要性を感じた一日でした。
                ishihara-lab * 話題 * 19:14 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

                八戸前沖さばの名刺

                0
                  八戸観光コンベンション協会さんが製作されている名刺用紙(台紙)に、八戸前沖さばブランドヴァージョンが登場。水揚げ高日本一のイカも一緒です。
                  前沖さば名刺

                  上の部分を拡大してみました。
                  前沖さばの名刺

                  国宝となった話題の「合掌土偶」ヴァージョンも登場。私は、さばヴァージョンをとりあえず3セット(300枚分)購入させていただきました。来年度は、プレミアムブランドの「銀鯖」ヴァージョンの製作もご検討願います。
                  ishihara-lab * 話題 * 20:43 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                  サバの駅 みろく横丁を卒業します

                  0
                    春は別れの季節と言いますが、八戸前沖さばの専門店、サバの駅も3月31日(火)をもってみろく横丁を卒業します。
                    サバの駅
                    サバの駅
                    ・・・と言っても悲しい別れではありません。サバの駅は5月中旬(GW明け頃?)にパワーアップしてリニューアルオープンします。移転先は、現在の場所から六日町側に出て、すぐ左の大松(だいまつ)ビルの1階です。所要時間は、徒歩で20〜30歩、所要時間15秒〜20秒といったところでしょうか。走っていくと10秒以内に到着するでしょう(人によって異なりますが・・・)。
                    サバの駅
                    みろく横丁卒業に際し、サバの駅駅長から謹んでご挨拶を申し上げます。
                    サバの駅駅長からのご挨拶(動画:wmv形式)
                    サバの駅
                    ishihara-lab * 話題 * 22:36 * comments(3) * trackbacks(0) * - -

                    前沖さばのデパート

                    0
                      中心街の三春屋の地下食品売り場は、八戸市内で製造されている水産加工各社のしめ鯖が多種多様に並んでおり、まさに「前沖さばのデパート」ですが、八戸駅前のユートリーにも各社のしめ鯖や鯖製品が販売されています。
                      しめ鯖デパート
                      これは、武輪水産さんのしめ鯖ですね。同社は、しめ鯖の生産ラインがHACCP認証に認定されています。あっ、銀鯖ブランドシールが貼られている。前沖さばのアイデンティティが十分に楽しめそうですね。
                      武輪しめ鯖
                      これは、水産加工会社の老舗、ダイマルさんのしめ鯖です。数々の賞に輝いた関連会社「ディメール」さんの「鯖の冷燻」(金撰=銀鯖仕様)や農商工連携優良事例として知られる「鯖の冷凍棒寿司」も並んでいます。
                      ダイマルしめ鯖
                      これは、1968年に加工品としてのしめ鯖を最初に開発した丸竹八戸水産の新商品「香燻さば」超極上。サラダやサンドウィッチにも合います。超極上は銀鯖仕様(大型鯖)です。
                      丸竹香燻
                      八戸は、全国のしめ鯖加工品シェアの8割以上を占める大産地。生産量が日本一であることは、東洋経済が発行する「都市データハンドブック」にも記述されています。様々なメーカーのしめ鯖の食べ比べができるのも、産地ならではの楽しみ方です。
                      ishihara-lab * 話題 * 20:51 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
                      このページの先頭へ